お知らせ

住まいがカラダと心を癒やし、豊かな未来をつくる

人と住環境の密接な関連性

快適な住まいづくりには、構造や材質等の「ハード面」だけではなく、環境脳科学を中心とした「ソフト面」からもアプローチし、それら両方を融合させることが重要です。
現代の建築技術と環境脳科学・環境心理学・行動経済学・色彩心理学に基づいた、健康な住まいづくり

それがドクターズホームです。

ドクターズホームは、住宅建築の素材や技術においても、住まう方の未来を創る住宅のコンサルティングにおいても、従来の建築業者のあり方を刷新します。

住まいはお客様にとって人生で最大の買い物であり、その後の人生が好転するか暗転するかに関わる大事な転換点です。この判断を車や貴金属のような「高価なモノの売買」で終わらせてはならないのです。

ドクターズホームの設計、施工、リフォームにあたっては、住まう方の要望を最大限にお聞きした上で、建築医学や環境脳科学を基に入念なヒアリングを行います。

そこで大事なことは、住まいを建てた後の人生を想像することです。ご自身、夫婦、家族が円満で幸せであること、仕事や学業、友人との付き合いがうまくいくこと、病気を作らずに健康を創ること、財産が豊かになること、他にも沢山の理想が思い浮かぶと思います。

一つ一つの目標は大きく、どのように行動すべきか、半ば諦めかけてしまうこともあるでしょう。時には成功した人々を見て羨ましく思うこともあるかもしれません。

しかし、こうした理想的な笑顔に溢れる未来は、実は「気持ちのよい」「快適」な日々の暮らし、住環境が土台となっているのです。

高断熱・高気密の建築素材や技術が健康を支え、住環境が脳を活性化し、身体の健康力を高めるドクターズホーム。私達は住まう方の家づくりを目的とせず、住まう方が理想とする人生の実現に向けて住まいづくりを行います。建てた後の人生が富や幸福に恵まれる「目的達成型住宅」こそ、ドクターズホームなのです。

脳へ良い刺激を与え、健康で心癒され、経済的にも豊かに過ごせる「住まい」には、建築医学に基づいた、色・形・素材・照明・音・匂い・間取り・デザインをトータルコーディネートした環境が必要です。

環境のもつ「情報」を調整し、五感を通して「脳」に好ましい「情報」を送り込み、「心」と「体」を最高のレベルへ高めていくことで「経済的成功」などをもたらすのです。

「環境」と「脳」と「心」と「経済」は互いにつながっているのです。

ドクターズホームは 経済・身体・心の状態を癒し
トータルに高めていく住まいを提案いたします!