書斎や勉強部屋は、住む人の思考力や判断力を高める場。
書斎は、左脳・前頭葉と対応します。書斎のない家に住むと、その家の主人の思考能力は高まらず、決断力のない人間になりやすいといわれます。
あまり天井が高いつくりでは、開放的になって、勉強には適しません。ちょっと狭くて、天井もあまり高くない方が適しています。勉強するための書斎や隠れ家的な部屋は天井が低いほうが良いといえます。書斎や勉強部屋を設け、思考力・判断力を高めることから、目標達成へ近づいていきます。

書斎や勉強部屋は、視覚的に動きが少ない環境に。
動きが多すぎると、注意力が散漫になります。視覚的に動きが多くあるものを見ていると脳が混乱しやすく、集中力が奪われてしまいます。特に、勉強部屋に動きが多くあるものを使うと、たとえ目を閉じても、残像が脳に残ってしまいます。そのために、集中して何かを考えるときに、残像が脳の中で邪魔をするのです。勉強部屋は、動きが少ない方が適しています。カーテンにも、柄の多いタイプではなく、シンプルで落ち着きのあるデザインを用います。柄の多いカーテンを使うと、落ち着かない性格になる傾向にあります。集中しやすい環境をつくり、思考力・判断力を高めていきます。

ボランタリーチェーン「ドクターズホーム」の加盟店を募集しております。
ホームページ「加盟店募集」よりお問い合わせください。
お待ちしております。