ドクターズホームとは、いわゆる巷で喧伝されている『健康住宅』を根源的にまで突詰め、進化させた住まいです。
1948年、世界保健機構(WHO)で、「健康とは、肉体的(体)、精神的(心)、そして社会的(財)に完全に良好な状態であり、
単に疾病や虚弱さがないということだけではない」と定義されています。
高気密・高断熱・自然素材・無添加素材を持って健康住宅としてきた従来の考え方に加え、精神的な安息や病気の予防、
心を育み、家族円満、しあわせまでを創出するような住まいこそが、『真の健康住宅』と位置付けています。
そして、これを実現するために、高気密・高断熱性能をベースに置き、

建築医学

環境脳科学

環境心理学

色彩心理学

行動経済学

といった最先端の知識を活用した住まいづくりです。