デザイン性を高めた校舎で学ぶ生徒の成績が上がる事実や、デザイン性を重視した明るい病院では患者の退院が早まるなど、

世界的に事例報告があります。

デザインが無意識に視覚から脳に刺激や情報を与え、学習能力や心身の健康を整えると考えます。

この考え方をもってリフォームに応用することも可能です。

玄関や寝室など、個々の部屋を部分的にリフォームすることや、壁紙を変えること、絵や写真を飾るといったワンポイントを

加えることでも、「氣」の流れは大きく変わっていきます。

部屋を片付けることと同じように、住む方にとって「気持ちのよい」住環境を整えることが基本です。