建築医学では、色、形、素材、レイアウト、立地など建物に関するあらゆる要素を考慮します。

単に良い素材を使うだけでは十分ではありません。

色や形、デザインも人間の心や脳に大きな影響を与えています。

例えば、建築医学的に言えば、うつ病になるような環境、ガンになるような環境があります。

建築医学は、環境を整えることにより、身体の健康だけではなく、精神の健康、そして経済の健康をも実現することを目指しています。
財・体・心の健康を通して、一人一人の人間意識が高まり、素晴らしい人生が送れるようになる。

建築医学によってそれが可能になると考えます。

我々ドクターズホームは、同協会が提唱する建築医学に基づいた住まいづくりをするものです。

建築医学協会ホームページ