人間が、一生の間にいちばん体内に入れているものは「住まいの空気」。

その住まいの空気が、汚れていたら
・・・換気が不十分、カビ・ダニ・花粉・PM2.5が浮遊、不快な温度・湿度

健康に暮らす住環境ではありません。

特に子供たちの健康を害する原因が汚れた空気なのです。
子どもたちの健康は、家族が幸せに暮らしていく”核”です。

子どもが病気だったり、アトピーや喘息だったり、虚弱体質だったりすると、家族は幸せな気分でいられません。

子どもの健康のために、すくすく育つ環境のために、そして家族全員が幸せに暮らしていけるために、住まいの

空気を常にキレイに保つことが健康に暮らす第一歩です。

上質な空気環境の住まい、それが真の健康住宅と考えます。