一般社団法人日本建築医学協会推奨

NPO法人日本自然素材研究開発協議会推奨

健康と住まい -色・光-

健康と住まい
色・光

色づかいの工夫で、心地良く、健康で、幸せがつづく家づくり

ドクターズホームは、家づくりにおいて、環境脳科学の観点からも色を積極的に活用していきます。

色が人の心理に与える効果、人生を好転させる行動へとつながる色づかいを取り入れ、ご家族の幸せな暮らしに向けたご提案をいたします。

願望別の色一覧


体力・気力・持久力回復
ピンク
ストレス緩和
オレンジ
チャレンジ自己表現力を高める
黄色
やる気・好奇心を高める
グリーン
心身を癒やす
ゴールド
富を得る
シルバー
自分の価値を高める

個性を強める・新しい道

判断力・創造力アップ

批判から自らを守る・安眠

松永修岳氏著書「幸せを呼ぶ!奇跡の玄関」より

ご家族の願望から幸せな暮らしの実現にづながる色、10色をシンプルにまとめました。

毎日の生活の中で、自然と目に触れ、心理的効果を高め、幸福に結びつく行動へ!

色は人の心に大きな影響力を持っています。

もし、子供が心に悩みを持っている場合、黒い色やグレーの色が目に飛び込んでくる場にいると、より暗い考えを助長することになります。

色と癒しの関係性に基づいて、壁やカーテンの色など、内装を整えていきます。

住んでいるだけで健康につながる住まいづくりには、環境脳科学に基づいた色の有効活用も重要なポイントです。

ご家族の色の好みも考慮しながら、健康に暮らせる色の選択をおすすめします。

色と光が心と脳に与える影響

人は色次第で心が病んだり、元気を失ったり、悪いイメージが浮かびやすくなったり、その逆にやる気が湧いたり、優しくなったり、気力や集中力が高まったりします。

私達は思っているよりもずっと光に敏感です。自然光も照明の光も、体内時計をリセットする力があります。

毎日当たる照明の光を考慮することで、心地良い睡眠や心身の健康をキープしたり、生産性や創造性が向上できる可能性があるのです。

「住まいと健康」についてもっと知りたい方はお気軽にお問合わせください
Top