素材

良い素材は快適な環境を創り、心にも体にも良い影響を与える

すぐれた調湿機能、感触、肌ざわり、人にやさしい「木」の魅力

調湿機能を持つ木は湿度が高いと湿気を吸収し、空気が乾燥すれば水分を放出してくれます。
木は湿度を自然に調整するので、快適な環境を保ってくれます。
鉄筋コンクリート造の校舎に比べ、木造校舎ではインフルエンザによる学級閉鎖の割合が約1/3という調査結果があります。

インフルエンザウイルスは、気温が低く空気が乾燥している環境で長期間生存します。
木の調湿効果で空気の乾燥を防いだことが、木造校舎でのインフルエンザの蔓延防止につながったのではと考えられています。

ジメジメしていると湿気を吸収
乾燥していると水分を放出
木材をたくさん使用すれば室内の調質機能はさらにアップ。

“呼吸する素材” は住宅を長持ちさせます。

やさしくあたたかな木のぬくもり

木造校舎と鉄筋コンクリート造校舎で、子どもたちの「疲労度」と「集中力」を比較した実験では、木造校舎のほうが良い結果が出ています。
木造はストレスを緩和させる効果があると考えられます。
また、木材は断熱性が高く、熱を適度に溜め続けるので、室温に馴染みやすく、やさしくあたたかな木のぬくもりを感じることができます。

木を触ったり、木の香りを感じると、心は自然と落ち着き、副交感神経が優位になり、リラックスさせてくれます。
無垢材の床などの、木のぬくもりや天然素材の肌触り、手触りを大切にした住まいは、触覚に刺激を与えることにも役立ちます。

「体に良くないものは使わない」家づくり

永く住み続ける家だからこそ、安心できる素材を

壁や天井に使用する素材には、ビニールクロス、紙クロス、漆喰、塗壁など、さまざまな種類の素材があります。
湿度の調整機能や、有害化学物質を発生させない、また燃やしても発生しない素材を使うことが大切です。
自然素材の塗壁の素材でもいろいろな種類があり、性能も違います。
吸放湿性能、消臭性、安全性、防菌、菌性能、防火機能など比べてみることも大切です。

素材はインテリアのデザイン性だけでなく、快適な環境にするための性能面を考慮することがとても重要です。

心にも体にも良い影響を与える素材選び

床や階段には、適度な衝撃吸収力のある素材をおすすめします。
毎日の家事、成長期の子ども、家族の加齢など、床の硬さは特に足腰に影響を及ぼします。
長い時間を過ごす住まいには、身体にやさしい素材を使うことが大切になってきます。
見た目にも冷たく固いイメージを与える素材は、緊張状態となり、くつろぐことができません。

床が硬かったり、冷たかったりすると、足の血液循環が悪くなり、イライラし怒りっぽくなり、老化を早める原因になるとも言われています。
また、膝に体重がかかって痛めやすくなると、ストレスが多くなります。
触ったときに感じる心地よさも大切です。
足が冷えないよう絨毯を敷いた寝室は脳を活性化します。
肌ざわりのよい絨毯、肌ざわりのよいソファー、質感のある漆喰の壁、でこぼこしたレンガの外壁、木製の家具などは橋脳を刺激してくれるのです。

ドクターズホームは、日本自然素材研究開発協議会や日本建築医学協会の推奨する確かな素材や材料をご提案いたします。

本社

〒103-0028
東京都中央区八重洲1-8-17
新槇町ビル 6階
TEL:03-3527-9183

アクセスマップ

JR線「東京駅」八重洲口より
徒歩3分